AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement
白浜走行テスト 2

白浜走行テスト 10.06.20~21

今年二度目のテスト走行をしてきました。

例年通り細々とマシンは進化していきますが、今年はテレメトリおよびマネージメントシステムを一新しました。

私達のソーラーカーは、ドライバーが現在の車輌状態(ソーラーパネルの発電量やモーターの電気使用量、バッテリー残量等々)を正確に把握することができるように、運転席にこれらの状態が表示される液晶モニターが設置されています。

ドライバーはこの状態を参考にしながらソーラーカーをドライビングをします。と同時にドライバーの見ているこれらの情報は遠く離れたピットでも確認できるようになっています。

OSUでは、ピット側でそのレースに見合った作戦を考えドライバーに走行方法の指示を出しエネルギーマネージメントを行っていくスタイルを取っています。

OSUは1995年以来このシステムをずっと改良しながら使用してきたのですが、今年はエネルギーマネージメントの更なる精度向上を狙って、いつもお世話になっているオメガ電子さん と一緒にこの春より新システムの開発を続けてきました。

それがいよいよ形になってきましたので今回はそのテストを中心に行ないます。

走行テストの結果、やはり一発目のテストで上手く行くわけもなく問題点が数カ所見つかりました。ただ、どうにもならないような難しい問題ではなく割とわかり易い問題だったので改良もレースには間に合いそうで一安心です。

 
< 前へ   次へ >