AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement
地域企業との共同作業の場

地域企業との共同作業の場

車両設計のノウハウや特殊な材料選定、加工技術について、東大阪の地元企業に協力を得ながら学生と企業の技術者が一緒になって車両の開発を行った。そして、完成した車両の走行実験を繰り返し行い、そのデータを基に改良を重ね性能向上を目指している。

その具体例として

高効率ホイール・イン・モーターの開発

大学、モーターメーカ、材料メーカが協力し高効率ホイール・イン・モーターの開発を行っている。
大学において基本設計とモーターの実車での性能試験を担当、モーターメーカにおいてプロトタイプの
製作、材料メーカにおいて特殊材料の供給を行っている。

軽量高剛性なコンポジット部品の開発

 大学、コンポジットメーカが協力し軽量高剛性なソーラーカー用コンポジット部品の開発を行っている。
大学において基本設計と試作および実車での性能試験を担当、コンポジットメーカにて材料の供給と学生への試作に必要な技術指導を行っている。

結果として

高効率ホイール・イン・モーター

ソーラーカー専用モーターとして車両に搭載し、競技会参加や展示会に出展した。そして、モーターメーカより商品化されソーラーカー専用モーターとして販売される。

軽量高剛性なコンポジット部品

ソーラーカー用コンポジット部品として、或いはその応用製品として商品化の予定。

 
< 前へ   次へ >